• HOME
  • ブログ
  • 結婚式の『日程変更』をするということ。
  • ブログ

    2020.06.03
    結婚式の『日程変更』をするということ。

    一番最初に日延べを希望されたのは、4月4日結婚式予定のお二人でした。

    3月31日にお二人揃ってご来店され、告げられました。

    3月29日にあの志村けんさんが亡くなられ、

    感染者なし!で全国ベスト4入りしてた富山県で初の感染者が出たのが3月30日。

    3月30日までは、私はまだ他人事のように考えていましたが

    富山で初の感染者が発表されたとたん現実味が出てきて、怖くなってきました。

    まだ一人。だけど、この先どうなるかわからないし、

    新郎のお父様が「もし何かあった時にお前たちは責任を取れるのか?」と言われたと聞き

    「ハッ」としました。それは、私への言葉でもあるからです。

    私は責任を取れるのか・・・。

    どの結婚式場も「お客様次第」というグレーな表現で結婚式を挙行していましたが

    何かあってからでは遅いですしね。

    何があるかはわからないし、何もないかもしれない。

    でも、知らない敵と戦うわけだから、いつも以上に慎重であるべきだな。と考えていました。

    なので、お二人にも「それが賢明だと思います。」とお答えしました。

    日延べでしたので、キャンセル料とはいりません。と取引先企業様も皆さんおっしゃってくださったので

    当社も頂かない方向で進めていきました。

    本当に皆さんの優しさに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    ただ、3日前だったので、お花だけは発注が済んでおり、

    花屋さんも問屋さんにキャンセルできないという状況でしたので

    返品できない分だけはご負担いただきました( ノД`)ゴメンネ…

    それからは、順に相談が入り、春の全ての結婚式が日延べとなりました。

    結局、富山は感染者が急激に増え、率でいうと、全国でも10本の指に入るくらいになっていました。

    「立山様がいるから大丈夫」なんて呑気に他人事みたいに言っていたバチがあたったんですかね。

    本来4月5月6月は結婚式シーズンです。

    今年はハミングバードでは7月も結婚式があったので、それも日延べになり8月いっぱいまで

    結婚式は1件もなくなりました。

    私は、日々の一生懸命やストレスや疲れなんかは、結婚式をやるだけでぶっ飛んでしまうほど、

    結婚式大好き人間です。

    そこに集う皆様から醸し出されるハッピーオーラが私を浄化してくれるのだと思っています。

    そんな大好きな結婚式ができないストレス。

    予定の日を迎えては朝、空を仰ぎ「あぁ、本当は今日なんになぁ、いいお天気で良かったなぁ。」

    と独り言を言っています(笑)

    本当にこの4月5月は病みそうでした(笑)

    私がそうなる以上に、延期を決めたカップルの心中はもっともっとつらいんだろうなぁ。

    当たり前ですが、私以上に、当日を楽しみに楽しみにしていたと思うし、

    ほぼ準備が終わっているカップルさんもいらっしゃいます。

    新婚旅行も一旦キャンセルだと思うし、結婚式をお伝えしていたゲストへの連絡も大変だったろうし

    楽しみにしていた日が先延ばしにされ、どう気持ちを対処していいのかわかんなかったりするのかぁと

    心配だったので、ハミングバードではLINE@を開設して、今は、年内予定のカップルさんだけに登録してもらい

    色んな情報をお伝えしています。

    ウェルカムボードとか、リングピローとか、BGMとか、演出とか、印刷物とか・・・

    これからたくさん決めなきゃいけないことを少しずつ投稿しています。

    中には「ホントに毎日楽しみです♪」と言ってくださるお嫁さんもいて

    救われます(´;ω;`)ウゥゥ

    少しでも、明るい気持ちでその日まで過ごしてほしいから。

    準備期間が長くなった分、もっともっといいのにしたいから。

    「いやーーー、日延べしたけど、逆に良かったわーーー!!!」

    と、終わった後に笑顔で言ってほしいから。

    こういうこと(コロナ感染拡大)になったのは、やっぱり宿命だし、

    自分たちの力じゃどうもこうも避けようがない事実ですからね。

    頑張ってなんとかなるものでもないし。

    だから、絶対後悔のないようにしたいよね。

    ゲストハウスなんかも、おそらくたくさんのカップルが日延べされて、

    元々秋に予約されてる日程の隙間にぎゅうぎゅうに詰め込まれて・・・

    大変だろうなぁ・・・とよそ様の心配もしております。

    今は代替品としてオンライン結婚式とかも出てきてますが

    ハミングバードのコンセプトとはちょっとズレているので

    今のところ、推奨はしておりません。

    お友達だけの1.5次会のような感じならいいんじゃないかと思います。

    私は博愛主義者なので、すべての人に平等に愛が行きわたらないと嫌なんです。

    例えばお嫁さんが、「病気でおばあちゃんが出席できなくなった!おばあちゃん楽しみにしてたのに!」

    と言われれば、こっそり繋ぎますよ。

    もしくは、お支度し終わって、おばあちゃんちがさほど遠くないのであれば直見せ(ジカミセ)しにいきます。

    おばあちゃんに見てもらうことを第一優先とします。

    それを会場内で流そうとは思いません。

    例えばライブ映像を病床で見ながらおばあちゃんが

    「今、メッセージを伝えたい!皆さんの前で○○ちゃんに伝えたい!」

    と言われるのなら、会場とも繋ぎます。

    全てのゲストがいい気持ちであってほしいと思っています。

    強制や押し付けはあまり好ましくありませんしね。

    見えないところで、ちゃんと繋がってくれたらそれでいいと思うのです。

    見世物じゃないんだし、ジコマン結婚式も嫌でしょう?

    何が大切なのか。

    こんな時だから、こんなことになったからこそ。

    本当に大切なモノとコトが見えるのだと思っています。

     

    89485

    普段着前撮り デート撮影 可愛い写真を撮ろう 思い出

     

     

     

     

     

     


    Page Top
    • お問合わせ
    • 資料請求
    過去の記事