• HOME
  • ブログ
  • #結婚式に自由を ② 富山の場合ちょっと違うよね
  • ブログ

    2020.05.15
    #結婚式に自由を ② 富山の場合ちょっと違うよね

    ツイッターなどには #結婚式に自由を と色々なつぶやきがされています。

    結婚式反対派全てを私は論破する自信がありますけど(笑)

    例えば

    結婚式に一度も憧れたことがない。→ そもそも憧れの気持ちを満たすための

    ものではありません。

    あの見世物感が嫌。→ 見世物感出さずにやればいいと思います。

    特に気持ち悪いのが席次表と司会者に自分の生い立ちを説明されること。

    いや、お前ダレよ。みたいな。

    → なら、誰ならいいのですか?納得いく人にやってもらえばいいと思います。

    気持ち悪いルールに縛られている。→ どの辺が気持ち悪いのでしょうか?

    気持ち良いやつにすればいいです。

    誰のためのイベントなの?→ え?イベント?

     

    という感じでですね、そもそもなんですよ。

    そもそもわかってないのに、好き放題言ってるんですよ。

    結婚式という儀式なめんなよ。と、私は思います。

    ルールやエチケットって礼儀作法じゃないですか?

    日本人って、相手を思う気持ちがどこの国よりたくさんあるから、長く続いてるんですよ。

    世界で一番。

    それなのに「上座下座が意味わかんねー!」「上司立ててどうすんの?」とか言ってるなら

    日本人失格ですね。組織でちゃんと勤まってるのでしょうか?逆に心配になります。

    ハミングバードはちゃんと必要なことや大切なことをお伝えしています。

    逆に「ちゃんと知りたいです。」というカップルがほとんどです。

    人生の通過儀礼の中で最大の儀式ですからね。子供じゃないんですよ。

    誰のための結婚式なのか、誰を立てるべきか。

    結婚式を開催するにあたり、自分たちの立ち位置はどこなのか。

    挙式+披露宴は、パーティーでもイベントでもありません。

    心構えの差。ですかね。

    ならば、私が結婚式に自由を求めるのはなぜか。

    会場専属のカメラマン以外は持ち込み料。

    好きなケーキ屋さんのケーキにしたければ、持ち込み料。保管料、切り分け料。

    他の衣装店のドレスが着たければ、持ち込み料。しかも、1点●万円。

    美容師持ち込みも鏡料。

    なんでもかんでも持ち込み料。

    早く納品してほしいと希望を言えば、早期納品料。

    コロナで延期はしたけども、ちょいちょいお金をおさめなきゃいけないとか?それは何料?

    会場を選んだが最後。

    「すべて、この中から選んでください♪」というところです。

    大げさに言うと、です。

    もっとそのあたりは自由でいいんじゃないですか?

    好きな人に写真撮ってもらって、お気に入りの美容師にヘアメイクしてもらって。

    そういうことに、なぜ料金が発生するのか。

    今のブライダル業界のおかしなところです。

    まぁ、ビジネスでしょうからね、仕方ないのかもしれませんが。

    そんなことは、結婚する二人にはなんの関係もないですからね。

    式場が儲かろうが、人員削減しようが、ノルマ達成できてなかろうが・・・・。

    式場さんの話はもうやめときます・・・。

    では、気を取り直して!結婚式をすすめる理由をお伝えします。

    たしかに結婚式に価値を感じていないカップルは増えています。

    入籍数の半数くらいといわれています。

    なぜ結婚式に価値を感じないのか・・・

    それはやっぱりいい結婚式に参加したことがないからでしょう。

    結婚式にいいイメージを抱いていない方はたいがい

    ・同じ流れに薄っぺらい内容で楽しくなかった。

    ・ドレスや会場は豪華なのに、料理や引出物が質素だった。

    ・お金をかけて行ったのに、配慮が足りなかった。

    ・サプライズにさめざめしてしまった。

    ・打ち合わせや準備の大変さを友達から死ぬほど聞かされた。

    これがいわゆる「ジコマンウェディング」です。

    自分も結婚式をやったら、友達や同僚にこんな風に思われるのかな?と思ったら

    そりゃ、やりたくないですよね。

    運が悪いと、そういう結婚式ばっかりにあたっちゃいます。

    プランナーによっても当たりはずれはあります。

    決まってますから。内容が。仕方ないんですよ。

    なので、そんな方こそ是非ハミングバードへどうぞ。なわけです(笑)

    けじめるところはけじめる。

    おもてなし重視でつくりあげる。

    富山ならでは、地元を大切に、地産地消でできる。

    何をもってきてもキレイにまとめてくれる。

    ゲストがたいくつしないような空間と時間作りをしてくれる。

    オーダーメイドなのに、「え」と思うような安心価格(笑)

    ハミングバードの場合は、列席された方がリピーターになられます。

    「挙げる気なかったけど、すんごい良かったから!こんなんならやりたい!って思った!」

    と、よく言われます。

    さぁ、コロナのお陰で価値観が変わろうとしているこの時期に、

    あなたはどんな結婚式を思いますか?

    まずは、相談してほしいと思います。

    そして、二人に相応しい形を一緒に考えたいと思います。

    ホテルがいい場合はホテルをおススメしますよ♪

    他のプロデュース屋さんの方が合うと思えば、そちらをご紹介しますし。

    私は全てを抱え込もうとは全く思っていません。

    結婚を決めたお二人が、後悔のない結婚式を挙げ、ゲスト皆さんとの絆を深め

    新たな人生を幸せな気持ちでスタートしてくださるのがハミングバードの願いなのです( ^^) v

    炎と森のウェディング

    キャンプファイヤー 結婚式 富山 人前式 ハミングバード

     

     

     


    Page Top
    • お問合わせ
    • 資料請求
    過去の記事